俳句 田畑益弘俳句の宇宙 画像

八月の俳句 田畑益弘の作品 画像
田畑益弘 俳句新作


8月

雲一片秋の支度をし初めけり

蛇に邂ひ神にはつひに逅はざりき

言ひさしを又言ひさして遠花火

よべ五つこよひ二つや秋螢

あしたなどいらぬと思ふ秋螢

銀漢やたまたま人のかたちして

蜩に急かるゝ如し鞍馬越え

蜩のこゑのみ透きて杉襖

夏休み波とたゝかふ砂の城

のこりたる鳥籠しまふ秋の空

父が遺し又わが遺す籐寝椅子

水澄みて水の切先見えにけり

秋蝶とすれ違ふとき旅人(たびと)めく

尺蠖の一枝加ふる山河かな

尺蠖の一寸先の虚空かな

西方を探り当てたる蚯蚓かな

ひきしほに汐木をかへす夏の果

朴(パク)といふ男に濁酒盛られゐる

洛中にして片蔭も風流(ふりう)なり

指にまた包帯をして夜学生

西日中マッチは炎えて身を捩る

青春のひもじかりけり昼花火

片翅をちぎられし蝶原爆忌

ごきぶりも翅ありて翔ぶ原爆忌

原爆忌割りし卵に血の混じる

ノーモア ヒロシマ目高の眼の光る

原爆忌0で割つてはならぬなり

秋蝉や鏡の奥の夕山河

おほかたは暗黒物質虫すだく

虫籠や火星に水のありしこと

抱きやれば猫の毛まとふ残暑かな

生家かな西瓜の種を吐き散らし

母の眸に少しく痩せて帰省かな

新涼やするりと剥けしゆで卵

卒塔婆の腐ちてくろき残暑かな

銀閣の裏手に聞けり秋のこゑ

秋燈にひらく私家本遺稿集

秋燈下季寄せの傷みつくろひぬ

盆に来てとうに母なき母の家

遠き蝉聞く黙祷の耳さとく

ある蝉は真闇に鳴きて終戦日

この川を京へ流るゝ盆供かな

しんがりをゆく流灯に童の名

大文字のあとのネオンに酔ひにゆく

群集の息しづかなり大文字

京暗うして大文字ともり初む

大文字連れて行きたきひとのゐて

束の間の逢瀬となりし大文字

隣り家の秋の風鈴耳につく

鯖雲や電線多き町はづれ

甲板に人くろぐろと星月夜

存在を幽けくすれば蜻蛉来る

亡き母の財布より出で蛇の衣

鴨川を空き缶流れゆく残暑

この辺の主と呼ばれて穴惑ひ

恍惚たる眼(まなこ)ありけり鵙の贄

いづこより来しか銀河に仮寝して

人生は永き錯覚鵙の贄

昃(ひかげ)れば俄かに怖し秋の水

つきつめてもの思(も)ふ秋の水の辺に

ゆくゆくは原子に還る爽気かな

家ぬちにちちろ鳴きをり鳴かしおく

霧の中足裏(あうら)に道の起伏あり

あなうらを恃みに歩く狭霧かな

ふかぶかと酸素吸ひけり稲光

いなびかり眠たき一樹眠れざる

脳のこと考ふる脳冷ゆるなり

秋風や我にとり憑くそぞろ神

星流れ星減らざりし絹の道

山寺や後架の窓も星月夜

星月夜仰いでゐたる厠かな

木は地(つち)を掴むかたちに野分かな

白鳥を研ぎ澄ましたる野分かな(白鳥=白鳥座)

古伊万里の猪口にて酌まん秋の夜

斎場へつづく矢印秋の風

誰れ彼れに背中一枚秋の風

白犀の静けく喰める秋の風

身にしむや指名手配の皆真顔

冷やかに女医の眼鏡の良く似合ふ

秋の暮かくれんばうの鬼ひとり

去る者は追はず追ひたき秋夕焼

石階(いしはし)に己が影濃ゆき秋暑かな

鰯雲胸を溢るゝもの何ぞ

法師蝉正しく鳴きて晴れ極む

北京秋天民の広場に民溢れ

秋天や死はたは易く生難く

秋晴やキオスクに買ふ握り飯

秋水に見つめられゐる己かな

草ひばり鳴けば去ぬべきひととゐる

一粒の露の中なる星夜かな

夏館一輪挿しのみあたらしく

露けしやあす着る喪服取り出だし

地下酒場意外の混みや秋黴雨

全身に光を帯びて馬肥ゆる


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME