俳句 田畑益弘俳句の宇宙 画像

七月の俳句 田畑益弘の作品 画像
田畑益弘 俳句新作


新着情報7月

時鳥啼きまさり天青まさる

一山の眉間に傷やほととぎす

不如帰かの世の空も青からむ

白熊に盛夏の汚れかくれなく

さし重る宿の番傘半夏生

銭落とすなど大阪の西日中

廻転扉シャネル五番の香もまはる

浴衣着てけふは暇(いとま)のおちょぼかな

夏旺ん子供らのこゑ檻のこゑ

しろかねの魚のたゆたふ夜涼かな

神さぶる滝の齢を思ふべし

サングラス泪を見する人ならず

男山洗ひて強き緑雨かな

大雪渓ヘリコプターの影さまよふ

近寄れば穢なりき人も雪渓も

寝ねて眼つむる雪渓を感じつつ

瞑(めつむ)れば夜の雪渓に醒めまさる

小鳥の死蟻を宥さず穴に入る

明易きこと耐えがたく母病めり

那智立てり神ながらなる白さにて

夏料理待ちて貴船の水の上

清水の塔の影より揚羽影

青水無月甘味処に尼僧かな

白玉や若き尼僧と真向ひに

一双の白鷺を見て涼みけり

雷鳴れど北野平野へ厄落し

虹濃ゆし塔に行きつくねねの道

心太哲学として喰はぬなり

夏の河ふぐりを緊めて徒渡る

アメリカの見えさうな日を立泳ぎ

ハンモック三時ごろかと思ひをり

幸うすき人を誘ひて庭花火

庭花火このひとの耳美しき

つつがなく守宮の鎮む真夜の玻璃

うつしみの心音かへる昼寝覚

炎天に抗ふ黙(もだ)を通しけり

死にあらぬ空蝉死より軽きもの

新樹とはなにも持たざる手と思ふ

青林檎食ぶるに惜しきさりながら

飛込みや女豹の如き肢体して

一輌の電車涼しや鞍馬発

螢火や思ひ川とぞ名づけしは

油掛地蔵油に光る暑さかな

百の豚百の鼻ある溽暑かな

砂灼けて歯並びの良き髑髏(されこうべ)

あきらかに髑髏(どくろ)の哄ふ劫暑かな

炎ゆる日の箸の先なるのど仏

もつと暑くなれ裕次郎忌なれば(7月17日)

くらがりに眼の玉うごく炎暑かな

燈涼し上七軒の細格子

炎帝に召されし母よ亦父よ

炎ゆる国石拾ふごと骨拾ふ

炎昼を鐘くゎんくゎんと閻魔堂

拙きがよけれ夕焼のハーモニカ

おろそかに生きむと思ふ夜蝉かな

炎天に従ひはせじ抗ひも

頭(こうべ)垂れ蟻の仕事に見入りける

灼くがまま石の沈黙おそろしき

松蝉や松もさすがの金閣寺

をんなよりをやま奇麗な夏芝居

執念しや灯を落してもひとりむし

悪人と焼酎酌むや灯を落し

くちなはに鎌首のあり感情あり

すゞしさの木にも晩年ありぬべし

骨のごと倒木しらく泉かな

羚羊のわれを見てゐる泉かな

拭けど拭けど今はの人の玉の汗

たはぶれに掬ひし金魚もてあまし

箱釣や事切れたるも漂へる

「祇園囃子・祇園祭」

夕風をさそひて二階囃子かな

夜風出て二階囃子の裏通り

地下出でて祇園囃子の真只中

糠雨の祇園囃子となりにけり

夜空より枝垂れて祇園囃子かな

つむりより祇園囃子を浴みゐたり

遠く聴く祇園囃子のせせらぐを

祇園囃子ぬけ来し地下の虚ろなる

なにもかも偲ばれ祇園囃子かな

離(か)れゆくも祇園囃子に耳澄まし

太き雨祇園囃子を昂ぶらす

くらがりへ宵山をぬけ二人きり

鉾廻すをとこの気負ひ美しき

祇園会の惜しきひと日が今も過ぐ

 

百とせののち帰り来む竹植うる

ふりむけば椎の葉の散る五十路かな

我が不在の岸を眺むる立泳ぎ

端居してひとり赤面することも

悔いもして小一時間の昼寝覚

見下ろせば蟻にはあらず蟻に似て

二階よりどこも見ざりし梅雨を見て

夏嵐仁王は仁王立ちのまま

葬の始めも葬の終りも蝉しぐれ

人妻と蛇のゆくへを見てゐたる

ピンポンにそろそろ倦みて避暑の宿

七曜のおほかたは雨濃紫陽花

あぢさゐの尚あをあをと七七日

毛虫焼く不思議な色の炎かな

ひとまづは死に仰のけの黄金虫

夏見舞おん歳百の気宇の文字

おほかたは夢のままなり夕端居

曖昧な色もよろしき七変化

梅雨明けて確かに象の貌ゑまふ

群れてゐて皆孤独なる西日かな

つれづれの指の苛む夜の蟻

冷房に本の虫なる日頃かな

あの夏の納屋に終りし少年期

けふの蝉かの日の蝉や忌を修す

先のことしひて思はず芥子坊主

洛中や家ぬちくらく蕗を煮て

子燕や門をくゞれば廓町

口あけて口の数だけ燕の子

灯取虫落ちて足掻ける革命史

動脈を集め東京炎暑なる

鬼赤く金棒黒き劫暑かな

白湯のんで六腑やしなふ大暑かな

豆腐など食べて順ふ大暑かな

白粥を啜り大暑にさからはず

うなじより人は老けゆく向日葵も

光年の距離を愛しむ籐寝椅子

らふそくの火が一つ百物語

相席の美人と土用鰻食ぶ

秒針の速さで急ぐ蟻を見し

死ぬ蝉が蝉しぐれより零れけり

ふんだんに余生をつかふ端居かな

行列も鰻焼く香も曲りをり

青田風美少年とふ酒酌まん

百年の孤独を酌みて夏痩せて

猿山に騒動ありし旱かな

天体になれぬ砲丸晩夏光

炎昼や杖の如くに己が影

覚えなき脛の浅傷(あさで)も晩夏かな

水バーに水を味はふ夜の秋

かの日より止まりし時計遠花火

先んじて死するつもりの夜蝉かな

仰向けに死するしあはせ油蝉

山彦の離(か)れゆくばかり夏の果

魑魅(すだま)より徒に茂るを怖れけり

夏草に遮られゐて未完なる

大夏野人に狩らるゝ遊びせむ

涼風や築百年の家にして

遊船や雲影さはに嵐山

羽生えて飛ばねばならぬ蟻のをり

少しづつこころ狂(ふ)れゆく羽蟻の夜

川の名のかはるあたりの鮎の宿

秋近き比叡の空のはなれ雲


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME