田畑益弘 俳句新作


4月

先頭の見えぬ行列四月馬鹿

花一片虚空に浮かむ三鬼の忌

永き日のときをり羽搏つ檻の鷲

夕永く北極熊の檻狭く

すつぽんの生き血にほめく桜冷

花冷や祇園甲部の細格子

花屑の花より皓きあはれかな

デザートは抹茶ババロア春惜む

きのふ早やむかしの如し山櫻

春愁や合せ鏡におのが背な

春愁や眼ひらきて眠る魚

散る花も散らする風もうらやまし

秒針の音の聞こゆる櫻かな

言霊をしづめて見たり老櫻

ぼんやりと川面見てゐて春深し

春寒や見てみぬふりをして通る

最果てを皆知りてゐん花筏

老人の眼のすぐ潤む櫻かな

見まはして亡き人はなき櫻かな

粉黛の匂ひたゆたふ夜の櫻

のどけしや漢字忘じてひらかなに

春愁の地球儀をまた回さする

しやぼん玉無数に飛ばしひとりきり

やはらかに小鳥葬る春の土

どの寺の鐘や霞める東山

醍醐水醸して咲ける櫻かな

春光に竜の骨格組み上がる

ポケットに穴開いてゐる朧かな

湯上りの身のほどけたる朧かな

おばしまに倚るは懸想か春愁か

花に酔ふ髪白みたる男どち

かの世までわれを率てゆけ白き蝶

風船の逃げてゆきける地球かな

ふつと亡きちゝはゝのこと花筏

請ふらくは春愁に効く秘薬なる

春の蠅何に集(たか)るや歌舞伎町

頭の中の一点に鳴くひばりかな

洛中や竿竹売りの声のどか

行く春のこころ佇む渡月橋

保津峡を舟に下りて弥生尽

鰊群来海猫(ごめ)の数だけ海猫の声

初燕こころ閃く一と日かな

玄鳥の思ひの丈にひるがへる

水槽の今の鰻を今食うぶ

春の山おのづと鐘の鳴るごとし

焦がれゆく祇園や花は過ぎぬれど

黒服の翁にとまる花一片

金星の匂ひ立つたる夕櫻

死顔の鳥語聴くかに春の昼

わが行方わが知らざるに春の雲

鳴いてゐし仔猫のゆくへご存知か

母子草母逝きてより眼につきぬ

鎖さずとも構はぬ母郷桃の花

笑ひ声すれど人なき桃の花

油掛地蔵照らひて春暑し

蛙鳴く大きな静寂ありにけり

春手套振られて光る大空港

お抹茶のほろりと甘く春惜む

惜春の岬の端の端に佇ち

針魚食ぶ少しく華奢にならんため

目借時並大抵の苦労して

忌中より忌明さびしき残花かな

天摩するビル見上ぐれば夏隣

ためらはず酒蒸しにせむ浅蜊かな

蟻穴を出づる足音また足音

一匹が出てたちまちに蟻の修羅

湯上りの湯の香りする朧かな

人形のギヤマンの眸の春愁ひ

かそけくも瀬田の砂吐く蜆かな

なにもかも入りゆき終に鳥雲に

のどけしや牛の反芻きりもなく

てふてふや有刺鉄線くゞる夢

蝶に逢ひまた別の蝶に逢ふ日和

蝶にならまし遠くへと行かまほし

蝶となり戦場の空舞ひにけむ

脳髄(なずき)のみ醒めゐて坐する朧かな

頬杖に脳髄支ふる暮春かな

こともなき水平線の春愁ひ

春恨やマッチは燃えて身を捩る

如何にせむ吾になつきし捨仔猫

孤独なる足を宥むる春の波

桜貝きらら波てふ波の来て

花貝へまた一枚のきらら波


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME