俳句季語の基礎知識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A3%E8%AA%9E

季語きご)あるいは季題きだい)は、俳句に必ず1つ含まれることが望ましいとされる、季節を象徴的に示す語。 本来は俳句の起源である連歌俳諧季詞(きのことば)に由来する.

もっとも季語を含まない俳句もあり、その場合には、江戸俳諧の発句では雑(ぞう)の句、 子規以降の近代俳句では無季俳句と呼ばれる。

季語の数は1つの句に1つ詠み込むというのが原則である。2つ以上季語が存在することを季重ねといい、その場合は主題に沿った物を季語とする。


季語の役割

俳句にとって「季語」は大きな役割を果たす。季語は詩情の象徴となるイメージを読むものに与える。これを連想力といってもいい。また、時間空間を一つのものとして表現することができる。[1]

川柳の場合

同じ五七五の短詩でも、穿ちによって表現する川柳には、季語は意識されていない。

歳時記

季語を集めたものは「季寄せ」「歳時記」と呼ばれ、各種のものが出版されている。歳時記は詩語の集大成ともいえる。

季語と季節の対応は、ほとんどの歳時記が二十四節気を基にした節切りに則っている。そのため、旧暦時代の新年に関する言葉は春の季語に分類されていたが、明治改暦以降、新年が冬に移行したため、四季とは別に「新年」の部が設けられた。


俳句 田畑益弘俳句の宇宙