俳句 田畑益弘俳句の宇宙

はじめまして。 投稿者:あやか  投稿日: 8月12日(月)18時51分22秒

投稿します。


神の出す右向け右の号令をもろともせずに倒すハードル

月光は影を伸ばした長く長くひとりの距離が語られていた

「管理地」の立て札の立つ中庭に埋まったままのタイムカプセル

地図上で2センチ5ミリ二次元の世界で恋が語れるならば

見送った背中は遠く君のこと必要なんて言えないでいる

セーラムの火をねじ消した苛立ちや弱音に支配させないために

備忘録がわりの日記取り返しつくことばかり思い出にして

http://www.tosp.co.jp/i.asp?I=YUUASADS


勉強してると 投稿者:Q  投稿日: 8月 9日(金)18時59分44秒

カーテンをはさんで見える鳥の声正体見ようとするが叶わず
         


こま 投稿者:蓑島 勇太(12歳)  投稿日: 8月 6日(火)16時01分04秒

コマ回る自分も回ると目も回る


ダイビングハート 投稿者:柳川 銀芽  投稿日: 7月31日(水)22時55分48秒

短歌人のホームページにも時々お邪魔してます。

すいか食い種を競いて飛ばし日々
しんどいや厠の中はサウナなり
夏草やベビー蟷螂涼みたり
小童の指に絡まる蟷螂や
放任の金髪ママの童たち
釣鐘は己を揺らし響くなり
雄雉死す狩場の恋は終わりたり
雪の野辺眩き雄雉の羽ぞ散れリ
CO2オゾンホールNO生みの親
亀になり平泳ぎにて潜る夏
沖縄の耀くプールへダイビング
朝霧で大正池は幽玄美
かぶと虫ビルのガラスへテロルかな
アゲハ触れソナーを麻痺す鱗紛や




http://www.geocities.jp/kazu11021957/index.html


古いクーラー 投稿者:よしださよこ  投稿日: 7月31日(水)04時43分00秒

腰あぐるごとき音立て動き出す十年前に買いしクーラー


短歌 投稿者:よしださよこ  投稿日: 7月20日(土)14時34分29秒

地下街の水着売り場に少女らのめだかのごとく輝く眼


とわの別れ 投稿者:花紅  投稿日: 6月26日(水)23時27分27秒

琴の糸切れて唖然とする我にいく度かかり来訃報の電話
「さようなら」旧友は帰らぬ旅に出でせがまれ贈りし付け下げを着て


WC 投稿者:あやめ  投稿日: 6月26日(水)08時16分13秒

青き波となりサポーターさんざめく予選突破の夜の賑はひ


こんなものかしらねー 投稿者:あやめ  投稿日: 6月11日(火)22時04分12秒

喜びの放物線の頂点も着物の帯の結びも低し


アニメ都都逸 投稿者:寅衛門  投稿日: 6月 2日(日)01時01分41秒

立てばタイガー 座ればマスク 歩く姿は虎の穴


まつぼっくり 投稿者:luna  投稿日: 5月25日(土)00時45分09秒

いつもなら 気づかないまま 過ぎていた 道端にある まつぼっくり

http://www.pure.ne.jp/~hajime


降り止みません… 投稿者:  投稿日: 5月18日(土)03時58分49秒

雨音のやわらかにして夜濯ぎ


はじめまして 投稿者:シオン  投稿日: 5月 3日(金)01時44分11秒

蜘蛛の囲に囚はれて見る空のいろ

BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME