俳句 田畑益弘俳句の宇宙




紅き花 投稿者:emi  投稿日:10月27日(金)22時33分20秒

君と吾を隔つ時空とび越えて魂は佇つさるびあは燃ゆ

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


不思議 投稿者:岩姫  投稿日:10月24日(火)15時51分30秒

愛国心育てぬ教育し続ける国を憂ふは危ふきことか

オリンピックの時にのみ意識されるように思う「日の丸」「君が代」
私達の国という誇りは、どこで身に付けられるものなのでしょうか。

http://www.catv296.ne.jp/~iwahime/


主人公 投稿者:あやめ  投稿日:10月23日(月)14時31分46秒

恋ふることキルトも歌も「主人公」呼び起こしうる意味としてゐる

http://ayame.pekori.to/


目を閉ぢて 6首 投稿者:芒舎  投稿日:10月21日(土)22時31分34秒

目を閉ぢて秋の夜明けを味はひぬこれが最期の朝のごとくに
目を閉ぢて生きる感謝を主に捧ぐまだ眠りゐる妻の分まで
目を閉ぢて瞼に留む薄明かり今日の希望と嬉しくなりぬ
目を閉ぢてそろりと回す痛む肩今日果たすべき仕事数えて
目を閉ぢて美しきこと思いをり朝の静寂(しじま)のほんの一時
目を閉ぢて風のさやぎに心寄す音もかそけきの晩秋の朝

http://homepage2.nifty.com/bousha/index.html


泳ぐ 投稿者:あやめ  投稿日:10月21日(土)21時01分04秒

分裂を止めたく泳ぐ体温のプールに息を飲み込ませゐつ


偏差値 投稿者:岩姫  投稿日:10月21日(土)06時49分34秒

偏差値に計られぬ子ら主役にて特殊学級のびやかにある


10トン車ごと 投稿者:三津雄  投稿日:10月18日(水)11時47分01秒

閉鎖するもとの職場の責任を10トン車ごと吾に押し付く

http://www.wainet.co.jp/~k-m/


応力 投稿者:三津雄  投稿日:10月17日(火)07時17分58秒

繰り返す応力受けて破壊する金属疲労も吾と同じか

http://mlcity.gaiax.com/home/canon


天秤 投稿者:三津雄  投稿日:10月17日(火)07時16分56秒

競争といふ名の天秤かけらるるビジネス真似て吾も染まりぬ

http://mlcity.gaiax.com/home/canon


潮のにほい 投稿者:三津雄  投稿日:10月17日(火)07時14分54秒

裏木戸をあくるに見ゆる船着場潮のにほいを満載してをり

http://mlcity.gaiax.com/home/canon


魔法 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月15日(日)20時33分40秒

我の手の中にてはぜる発泡酒君を惑わす魔法なれかし


 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月15日(日)18時30分55秒

夕明かりどこへ帰るか鳥の子よ雪は降る降る吾を沈めて


伝馬船 投稿者:keiji  投稿日:10月15日(日)06時08分05秒

寿司ネタの備えに急ぐ伝馬船汚れた湾に酸素戻るや

emiさんちからきました。
勝手に書きこんでいます。


月夜 投稿者:emi  投稿日:10月15日(日)00時05分31秒

 君という宇宙は遥かひらけゆくこの満ち月をいだくよにして

小さなこと、つまらないことに一喜一憂の日々。
でも、生きることにまっすぐな自分でいたい。

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


旅芸人 投稿者:keiji  投稿日:10月14日(土)20時03分23秒

地下道を音響代わりに旅芸人拍手喝さい我も真似たたや


銀モクセイ 投稿者:岩姫  投稿日:10月14日(土)09時29分00秒

夢ひとつ信じし日とほく故里の匂ひに咲きぬ銀のモクセイ

http://www.catv296.ne.jp/~iwahime/


文化祭2 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月12日(木)17時30分39秒

父母招きカウントダウンの文化祭こんな時期におたふくなんか流行らないでくれーーー!!!!


(無題) 投稿者:ひみこ  投稿日:10月10日(火)02時51分09秒

君のこと想へば今日の十三夜

吾亦紅たださりげなくさりげなく


車がないとね 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月 9日(月)20時21分27秒

新作を試す楽しみのない土地にミスドのちらしのみ入る残酷


悩み多き年頃!? 投稿者:こうじ  投稿日:10月 8日(日)04時37分15秒

なんとなくただなんとなく生きている我いずこへと行きつ戻りつ


秋の空 投稿者:あおば  投稿日:10月 8日(日)03時23分32秒

空青くツクツクホウシ昇りきる

金髪を柔らかくして彼岸花

紅い花そのままにしてコンバイン

収穫をコスモスの花口惜しがり

古狐知らん顔して通り過ぎ

http://www.tokyo.jcom.ne.jp/~saoba


10代 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月 7日(土)05時34分58秒

煙突に雀落ちたる風呂釜をかまわずに炊くやさぐれている。


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME