俳句 田畑益弘俳句の宇宙



てのひら 投稿者:岩姫  投稿日:10月 5日(木)21時22分45秒

親指は父の指なり母なるは小指にあらむ真向かひて付く

http://www.catv296.ne.jp/~iwahime/


「大きな★になろう」が今年のテーマ 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月 5日(木)18時29分48秒

父母招きカウントダウンの文化祭大きな星になれよ君たち


花香る 投稿者:emi  投稿日:10月 5日(木)00時39分35秒

言ひ合ゐて後に重ねる唇づけに甘き香放つ木犀の花

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


あさがほ 投稿者:岩姫  投稿日:10月 1日(日)16時26分44秒

薄明をそこより溶かしほどけ初むしぼり模様の藍のあさがほ

零れ種が芽を伸ばし、去年に勝るとも劣らぬ大輪の花を咲かせてくれました。
心を慰めてくれるものが、人から花に変わっていったのはいつの頃からだったで
しょうか。


ふみ 投稿者:フェリダエ  投稿日:10月 1日(日)10時07分40秒

田園は緑なるぞと君の文今すぐ行きたき気がする吾も


月下美人 投稿者:emi  投稿日:10月 1日(日)00時29分22秒

月光の柔らかき掌に包まれて儚き夢を紡ぐひとひら

淡い色の花に今年も出逢いました。

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


 投稿者:emi  投稿日: 9月30日(土)23時31分51秒

今宵降る冷たき雨に尋ねたし吾愛しきひとの郷も濡れるか

9月も過ぎていきます。
10月の作品も滞ることなく続けられるでしょうか?

http://www.tcp-ip.or.jp/~shibatae/index.htm


 投稿者:フェリダエ  投稿日: 9月28日(木)18時38分19秒

一言も告げられぬままに卒業式二列前の君を見つむしかなく

今郵便局に行くと、俵万智が産まれた町主催の短歌コンテスト
の応募用紙がおいてあります。恋いの歌を募集、だとか。


(無題) 投稿者:淋しがりや  投稿日: 9月28日(木)00時57分41秒

愛すとは燃え尽きること曼珠沙華


 投稿者:管理人  投稿日: 9月25日(月)22時17分17秒

曼珠沙華をんな狂ふと恐ろしき

冷やかなをんなを愛す冷やかに

            益弘

 

http://www.kyoto.zaq.ne.jp/masuhiro/

BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME