俳句 田畑益弘俳句の宇宙

俳句 田畑益弘俳句の宇宙
俳句作品集 弐

田畑益弘 俳句作品集 2

田畑益弘の若き日の俳句作品を集めました


白栄(しろはえ)や視界の果ても蒼き海

蝶生る密かに独り暮らすべし

冬園に一人と一人かかはらず

老い父は哲学のごと暑に耐ふる

凩(こがらし)の街君だけは疑はじ (「俳句朝日」、八束選)

蜻蛉(とんぼう)の背後に崩る飛行機雲 ( 〃 、展宏選)

母の亡き厨(くりや)の水も温みけり

諍ひてもの言はぬ夜をみぞれけり

太宰忌の日照雨(そばえ)にもさす黒き傘

蟻地獄見たる子なにを覚えしや (「俳句」、茨木和生選)

あやまちも宥(ゆる)されてをり帰り花 (NHK、杏子選)

五右衛門の眠るあたりの夜桜よ

同棲の窓に畳に寒夕焼(かんゆやけ)

ブタ落ちて黄河の春を泳ぎけり (朝日、展宏選)

喧騒の中へ秋思を捨てにゆく

ビル風に嬲(なぶ)られてゐる原爆忌

東京を恋(こ)ほしむ夜の熱帯魚

蝶触るる三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)

春の泥卑弥呼のくにやいづくなる

女傘借りて去(い)にける朝時雨

揚羽蝶刑務所の塀越えて失す

百階の夜景に置くや熱帯魚

孤独なる冬日の壁に待たれゐる

亀鳴いて油小路(あぶらのこうじ)寝しづまる

美しく氷河に眠りゐるひとよ

十薬や狸路地(たぬきろうじ)の湿り風

西日中何か憎んでをりにけり

立春の踵(きびす)真白く階のぼる

君恋へばとまりつとびつ蜻蛉かな (「俳句朝日」、展宏選)

母逝きて父の端居(はしい)の永くなり (NHK、星野椿選)

緑陰にをみなのふくら脛(はぎ)白し

春草に紙飛行機の不時着す

春の夢しまし憶えてゐて哀し

仏前に幼なが置きし走馬灯

青年の敢へて冬野をゆかむとす

しづかなる葬(ほふ)りの山も紅葉せり

都心夕焼ふるさとのよに見てをりし

調律師来てゐる音も秋の昼

トンネルを抜ければ京よ蝉丸忌(せみまるき)

枕頭(ちんとう)に山頭火集朝寝せる

遠足の子に先生が飴貰ふ

眼鏡して首ほそき子の大試験

茂吉忌のまだまだ降ると土地の人

歌声のやうに風吹く花こぶし

あの日へと誰も帰れぬ残雪よ

母逝きて妹(いも)にたまはる黒ショール

眼下夏海青は死を誘ふ色

大寒の夜の蛇口より水一縷(いちる)

冬温し乳房ゆたかな土偶(どぐう)見て (NHK、直人選)

病葉(わくらば)や深閑たるにビルの街

鳶(とび)の眼に青田波又青田波

君のせて機影の消ゆる花曇り (「俳句朝日」、展宏選)

夏座敷親戚の子の駈けまはる

隙間風ふたり棲むには狭すぎて

UFOを見てゐるらしいうららかな

未確認飛行物体春一番

カマキリに血圧あらば高からむ(朝日、展宏選)

パソコンのあたま叩くも春の昼 (NHK、倉田紘文選)

ちよんと来てちよんと御辞儀の小鳥かな

ブリッヂのメンバーに入り夜長なる

頭(ず)の中に母の死といふ雪崩(なだれ)音

春雷が相合傘の話題替ふ

啓蟄のうごくもの見て嬰(やや)笑まふ

秋天やまひるの星の見えさうな

花冷えのガスの青き火はなに似る

桜桃(おうとう)買ふ特急「月山」停まる駅

地下茎の如き地下道冷(すさ)まじき

淋しさに舞はせておくかひとりむし

少年のハンカチ昨夜(よべ)の皺残し

ほうとして黄河の春の航(こう)にあり

五月雨(さみだれ)にもつとも濡れて市バス来る

六月やかくんと重き赤子の頭(ず)

冬深し鉄の扉(と)を鎖(さ)す鉄の錠

土砂降りの雨噴水を辱(はずかし)む

ささなみのほほゑみに似るバルコニー

たれひとり死をのがれえぬゆやけかな

コンビニにパジャマのひとや夜半(よわ)の夏

新涼(しんりょう)や針穴とほる白き糸

一粒の宇宙よ物の種蒔(ま)かむ

沓(くつ)履かぬ猫さま帰る春の泥

夕焼けて一切のこと過去となる

閑話休題初蝶をけさ見たり

秋虹や一秒毎に吾も老(ふ)け

冬耕の一人にとほき一人かな

遠きデッキ白き手袋なほうごく

寒々と一人立ちをり一人待ち

父の座にしかと父座す秋の夜

朝焼けのどこかにピアノコンツェルト

夜業人(やぎょうびと)冷めたコロッケ食(た)うべけり

日めくりの薄くなりたる落葉風

太宰忌の鏡にわれを見るわたし

屋根の上(え)の猫の決斗春三日月

春雲や大き掌(てのひら)欲しかりき

白栄(しろはえ)やデッキチェアにてシャンパンを

春風のいづくに向ふきんと雲

昼蛙(かわず)明日があるとまた思ふ

大いなる涅槃図(ねはんず)ねこも侍(はべ)らしむ

待ち合はすフラミンゴのまへ花衣(はなごろも)(朝日、兜太選)

若者の行列の尻日永なる

水溜り乾きて朧溜りをり

青大将がき大将に追はれけり

蝶白し冥路(よみじ)の母に詣(もう)づれば

春愁の地球はまはる仕方なく

裸子(はだかご)は裸が好きで駈けまはる

雁渡る不眠症なるわが脳裡

なほ鳴かむとし落蝉の腹ふるふ

春愁や宇宙の涯(はて)のその涯の

常(とこ)しへの黄河に浮かむ春愁(はるうれい)

枯野行ともしびひとつ我にあり

終戦忌床屋のラヂオよく喋る

春宵の家路を急ぐ理由なし (朝日、汀子選)

深秋のジグソーパズル剥落す

炎天を睨(にら)む野心の如きもの(NHK俳壇、紘文選)

春愁の鸚鵡(おうむ)返しを聴いてをり

滝の音わが身ぬちにも響(とよ)むかな

白昼や玻璃(はり)にはたたく蝶の影

蜜豆や姉妹のやうな母娘

いつ見ても含羞(はにか)む冬の太陽氏

夏兆(きざ)す鉄路一本づつ跨(また)ぐ

紫陽花や日照雨(そばえ)に馴れし都人(みやこびと)

黒潮の海の赤潮夏めきし

若草に君のアキレス腱まぶし

病葉(わくらば)を紙と一緒に踏んでゆく

どうしやうもない溽暑(じょくしょ)の喪服なる

昏れてゆく秋の湖画き留めむ

あぢさゐの色をかへたる狐雨(きつねあめ)

春の昼ふわりと家人出でゆきし

春昼を色で申せばフラミンゴ

皆違ふ雪の結晶皆解けて

冴返る掌(て)に二粒のアスピリン

テレビ消してそれより長き夜のありし

霙(みぞれ)きく諍(いさか)ひし後の沈黙に

宿帳の姓は同じに椿の夜

鹿の子のアキレス腱を危ぶむも

春の闇小雨(こさめ)に濡れてひかりけり

夕蝉や古城の濠(ほり)の水鏡

犬何か咥(くわ)へて去りし冬の暮

掬(すく)ふべき金魚金魚に見失ふ

シリウスに照準したる鼻水よ

向日葵(ひまわり)や哄笑といふわらひ方

行く人は皆労働者油照り

氷菓なめをり無思想の舌染めて

鶴鳴いて幸とも不幸とも聞こゆ



春愁のたねもしかけもありませぬ

 

走つても走らなくても夕立(ゆだち)かな

 

星飛んで同棲の窓狭すぎる

 

酸欠の金魚を見れば見返さる

 

噴水に空き缶浮いて沈みけり

 

月が出てビニール傘を捨ててゆく

 

マルクスとか粗大ゴミとか焚火かな

 

案の定けむりばかりの焚火なり

 

秋空に倒してみたいビルがある

 

万緑憂し大学生はもつと憂し

 

死ぬまでは生きてあげます熱帯魚

 

やくざにもなれぬ男のサングラス

 

日陰ゆく人の視線が怖いから

 

いつ見てもイミテーションの花咲いて

 

安ホテル安普請にて明易し

 

正体はをとことをんな明易し

 

野良猫の縄張りのある冬日向(ふゆひなた)

 

コート脱がず傷つき易い僕だから

 

新宿を海と思へばくらげかな

 

東京を游(およ)がんとして溺れけり

 

夕焼けの溺れてしまふ溝がある

 

共同の厠(かわや)に鳴くはおけららし

 

鳥雲に国捨てし人眠らせて

 

死んでゐる振りをしてゐる朧(おぼろ)にて

 

少女A少年Bに明易し

 

また一人どこかに消えて寒い星

 

焼酎提(さ)げ霊安室に会ひにゆく

 

死に顔も寝顔も同じ夏負けて

 

ストーブ毀(こわ)れ抱き合ふよりほかになし

 

五十二階の窓辺に寄りて秋愁(あきうれい)

 

ゴキブリが自殺マニュアル嘗(な)めてゐる

 

いつからか泣かなくなつて冬ざるる

 

どうしてもクリスマスらし阿呆らし

 

ぞろぞろと行く方へゆく日の永さ

 

ひとりむし真つすぐ落ちて四畳半

 

髭(ひげ)剃つて髪切つて輪廻(りんね)は涼し

 

夕焼け好き夕子といふ源氏名(げんじな)好き

 

冬帽子目深(まぶか)に金を借りにゆく

 

凩(こがらし)や手錠の光る手が赫(あか)い

 

一抜けて僕の風船落ちてくる

 

外寝して巡査部長と顔馴染み

 

西日して婦警の臀部(でんぶ)よく光る

 

死角より警官の出るみどりかな

 

夭折(ようせつ)を諦めて食ふ鮟鱇(あんこう)か

 

ゆつくりと死んでゆきたい日記買ふ

 

ここもニッポン酔眼(すいがん)に雪解富士(ゆきげふじ)

 

春の塵(ちり)行方不明になつてゐる

 

心中未遂積もらぬ雪が降つたとさ

 

童貞喪失それより雪を憎むなり

 

イラン人中国人と蝶殺す

 

キラキラと歌舞伎町にも虫が鳴く

 

日なか眠るカプセルホテル原爆忌

 

バスに乗り電車にのつて青き踏む

 

寒いのにやつぱり彼女佇(た)つてゐる

 

家なくて故郷なくて虹二重(ふたえ)

 

自分を抱きしめて眠る虫の闇

 

寒鴉(かんあ)鳴いて哀しくなつて笑ひけり

 

 

(作品「くらげ」より抄録。)

 

俳句 田畑益弘俳句の宇宙 HOME

※未発表作品を中心に収めた。

 

1998年5月制作

 

 

     ご感想、ご批評をお寄せ下さい。 

 masuhiro@kyoto.zaq.ne.jp